エントリー

2019年09月の記事は以下のとおりです。

晴れ

20190928145550.jpg 20190928145549.jpg 20190929215604.jpg

今日で 9月が終わる。

あっという間に時が過ぎる~♪

10月はどんな楽しいことがあるのかな?なんて考えてる今日は、

目の前に咲く植物たちも、
どこまで目に映っているのかわからない空も、

全てが生きる原動力になってくれてるであろうことに感動します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

mari1desert@gmail.com

新しい自分

20190927155752.jpg20190927155753.jpg20190927155754.jpg20190928114957.jpg

バイト先からもらってきた空き瓶。

マスタードの瓶です♪  何を入れようかな~☆


おんぶバッタを見つけました。

以前、お花にとまっていた時もあったな~☆

近づいて横から撮影しよ~く見てみたら、

顔はどこ?  って感じなんですね・・・!


明菜鏡は相変わらず綺麗です☆

今日は新月だ!!

新しいことが始まる!新しいことを始める!

10代の頃にやりたいと思いやらなかったことを、
40代でどんどんチャレンジしてみる!

人生を楽しむ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

mari1desert@gmail.com

植・食・色

20190927103618.jpg20190927103614.jpg20190927103615.jpg20190927103617.jpg20190927103619.jpg20190927103616.jpg

今年の夏は随分日焼けをしました。

近所のおじさんが遠目から、日焼けしてる!!と
大声で驚くくらいに焼けました。


かぼちゃ・冬瓜・へちま  
今年は庭のいたるところにツルが伸びていました。

冬瓜はひき肉(豚でも鶏でも)と砂糖・醤油等の味付けで煮て、
仕上げにとろみをつけて食べたり、
ベーコンとスープ(ベーコンの塩分のみ)にするのがうちの定番です。

誰かに頂いて調理法に困っていた!という方におすすめします。


冬瓜はメラニンの生成を抑制する働きもあるというので、

秋の終わり頃に目立ち始めるであろうシミ・そばかすに、

外側からヘチマコロン、内側からは冬瓜を食し、
シミが出来るのを一つでも防ごうと思います♪

ささやかで楽しい事って色々あります。

海や山等の大自然に出向きアーシングしてるわけではないけれど、
庭で農業を行い、身体の循環経路に喜びを送りこむ感じ。

生きてる!!!ってエネルギーが感じられる暮らし。って幸せです☆

みんなそれぞれ、自分色に咲く幸せ味わいましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

mari1desert@gmail.com

ありがとう

20190925180800.jpg20190925180801.jpg

先週、

小学校の先生に伺いたい事があり、学校へ行き、たくさん話を聞いてもらった日。

お茶(役員の集まりの時に配るお茶(生茶)だから気にしないでと)をもらいました。
白熱して話していたら、喉が渇き遠慮なくいただきました。

生茶をはじめて美味しいと感じました。

ありがたい言葉をたくさん頂き、

一人白熱したがために、次の約束事の時間を過ぎてしまい、
昇降口で慌てて約束の方(友達のお母さん)に電話をしました。

用事があったから大丈夫!
今から宅急便出しに行くからヤマトで待ち合わせよう!

といってくれ、バイト先に届けるものを預かりに、
ヤマト運輸の駐車場にむかいました。

お彼岸だったので、これ○○君(長女の父親)にあげて、と
栽培した菊の花をもらいました。

遠慮なく受け取り、菊の花の香りに包まれ生茶を飲みながら
預かり物を届けにバイト先にむかいました。

お客様がいらしたので、調理場に入って預かり物を渡すと、
調理中のシェフが子羊のお肉をひと切れ食べさせてくれました。

「あ~ん」じゃないですよ。掌にです。

ひと切れでじゅわ~って美味しさが口の中に浸透する感じ。

 

そして、下味をつけた唐揚げ肉をお礼に持ち、
長女がお祭りの支度用にかりたものを、友達の家に返しに行きました。

すると、揚げた唐揚げ画像と共に、
お陰で手を汚さず美味しい唐揚げができたよありがとう!と
友達からメッセージが来ました。

この世には「ありがとう」が溢れているのだなと、感じさせてもらえた数時間でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

mari1desert@gmail.com

相対性理論

20190925180758.jpg20190925180759.jpg

東西南北天地に向かって感謝する、六方拝(ろっぽうはい)。

を習慣づけています。

心境により良くも悪くも、その時間は貴重で、

特になにか問題が起きた時などに、
内観する際、非常に役にたってくれているように感じ取れます。


その中で南を向いて感謝する一つに、

自分が許せない人たちへ
(自分の人生において悪役をかってでて学びを与えてくれた相手)
感謝するという箇所があります。

大事な役目を担ってくれていた、
自分の人生というドラマに必要不可欠な感謝すべき存在だったという事なのですよね。

嫌だ・ふざけんなって思うけど、
手を合わせ感謝していると本当にそうだと感じさせられるから不思議です。

 

普段、本音と建前。というものを使わない私でも、
たまに使ってる時があったのかも?と何故かわかりませんがふと思いました。


話したくない人との会話中、話さないとならないような状況
(あまりにもうるさい(聞きたがる)ので、かいつまんで話し黙らせようと思う)
に至った時、

結局、相手の返答からは大きな憤りを感じます。


話さなければよかった・・・。という失敗を
私はこれまで多々繰り返しています。


長女が小学校低学年頃、仕事(お客様商売)で、数時間、
同じ空間から逃れられない状況に、度々遭遇する人がいました。

説教好きの中高年で。若者を諭して充実感を味わうタイプの方。
心が満たされていないであろう方です。

離婚とか、若い年齢の家族の他界は、
それはそれなりに乗り越えるまでには苦痛な時間を費やすものです。

特に子供の死は、
想像を絶する苦痛な感覚があると思います。


アドバイスと称した雑音にでてくるのは大抵、知り合いから聞いた話。

その人なりの低級統計学を語ってきます。
饒舌に語るわりに内容は薄いのです。


あれ?私いま相談したんだっけ?と思いながらも、黙って聞いていると

そちらは根本的に、こちらに対し可哀想という情け心からの視点なので一生懸命、
知り合いの体験談をして止まらなくなっています。

私は基本的に、人の家庭内の話は聞きたくないし、

共通の知り合いだとすると、
その人が真剣に打ち明けた話だとしたら私に話していいの?

と気分が悪くなる。脚色もしているので悪趣味にも感じます。

噂好きな人に共通する良くない点だと思います。


彼女達に共通して言えることは、諭してあげた自負感と共に、

優しい人、物事に柔軟な思考の持ち主、年の功 = 経験豊富で
忍耐強く苦労を乗り越えてきた人生の大先輩!と評価され、
感謝されたいようなのです。

聞いてくれてありがとうございました。
すっきりしました。アドバイスありがとうございました。と言われたいわけです。

でも、一連の流れに違和感しかない私は、時間がある場合は、

「え?それどういうことですか?」と返してみます。

本当この子はまったく~!(やっぱりおばかちゃん)と言い嬉しそうな顔をします。

再度話し始めてすぐ、刀を下ろす様に、

あ~そういう事なら、全く違いますね!と切り出すと、
悲しそうな顔になる。

黙らせるには非常に効果的ですが、
やり返す、という事になるから自分も同じ次元に置くことになります。

ありがとうと言って、心で舌を出せばいいのに!という人もいますが、
私はそういうの出来ません。

また同じネタでその後どう?元気?と繰り返してくるのが面倒でなりません。
前から変わらず元気です。と返すと不思議な表情をし面倒なんです。

 

その人なりの愛情。 だったのだろうとは現在でも思いたくない抵抗がありますが、
いずれにせよ、やり返すのは良くないな、と

私の言葉が足りてないからこうなるのかなと反省し、
そう思ってからは真摯に聞くように心がけていました。


けれど、
話してあげたい情けに、聞いてあげようとする情けで構えても
そこから良い波動や関係性はやっぱり生まれず、

結局、苦手な人。という解釈におさまります。

 

この話を書いたのは、過去にあった嫌な事を、恨みつらみとして
書き連ねたかったわけではありません。

上記で、

話さなきゃよかった・・・。という失敗を
私はこれまで多々繰り返しています。

と書きましたが、
日々、新しい出会い、新しい人間関係がうまれる中、

自分の心持ちが悪ければ、自己否定をしていれば、
何度でも同じ目にあうそうです。(同じ目 = 同じような怒りの体験)

同じ人からに限らず、他の人からも思わぬ形で同じような攻撃がおきるそうです。


それは何故かというと、相対性理論(思ったことが外側に映し出される)から、

自分が自分の本心に背いたり、自分をないがしろにし傷つけていると、
他者が攻撃して(傷つけて)、

あなたは今、自分を傷つけていますよ。と教えてくれているのだそうです。(勿論その人は無意識です・性格に難有りなのは事実。その人と出会い・絡む現実という現象)

は?って感じる方もいると思うのですが、

たしかに腹立てる事あると、

   「何故」

こんな事されたんだろう?と考えさせられます。

自分の容姿は鏡で見る事ができても、性格や心の中は誰かに教えてもらう以外、
気づかせてもらう以外、知ることができない。

このからくりを知らなかった私は

なんで私、あの人にあんなこと言われなきゃならなかったんだろう。
黙って聞いてりゃいい気になってあの豚。

と常日頃、怒っていました。

同時に自己否定と他者否定がイコールという事も納得できます。


娘の義務教育卒業と共に、会わなくてすむようになるその人と、
街で遭遇することさえもなくなるようにと、ずっと願っていましたが、

まずは自己否定をやめ肯定感を高く持ち、

「自分を大切にする」 

常に内観し、自分で自分を責めないようにする。

ヒーラーさんから学ばせてもらった事です。

自分の思考が生んだ現実という現象、そこに登場してくれる役者には感謝なのです。

ただ、自分を非難ばかりしてくる人(常に毒を吐いてる人)の近くに
身を置かない事も大事だと思います。

攻撃を受け続けると心が病みます。
自分が悪いのかな?と自己否定ばかりが増えます。

 

この文章で救われる人がいたらいいな。と思い書いてみました☆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

mari1desert@gmail.com

 

ページ移動

ユーティリティ

Profile

Calendar

2019/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Category

Page

Log

Search this Blog

エントリー検索フォーム
キーワード

New

完熟
2019/10/20 05:24 New!
休日
2019/10/19 06:01 New!
実り
2019/10/18 05:53 New!
秋色
2019/10/17 05:02
ありがとう♪
2019/10/16 05:24

New Image

Feed